• トップページ
  • 当院の特徴
  • 診療
  • 院長・スタッフ紹介
  • 院内のご紹介
  • 医院概要・アクセス

インプラント

インプラント治療

「インプラント治療」とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、そこに人工歯を取り付けて歯の見た目と機能を取り戻す治療法です。インプラント治療を行うことで、周りの歯に負担をかけることなく、骨に固定された丈夫な歯がよみがえります。

そのため、入れ歯やブリッジなどの補綴(ほてつ)治療では食べられなかったような固い食べ物でも食べられるようになるのです。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット デメリット
  • 残っている他の自分の歯を守ることができる
  • 本物の歯に近い感覚で噛める
  • 周りの歯に影響を及ぼさない
  • 違和感が少ない
  • 顎の骨が痩せにくい
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある

検査方法について

インプラント治療をより安全・確実に行うためには、事前の検査が重要になります。加藤歯科医院では、CTやノーベルガイドシステムといった設備を活用して、安心していただけるインプラント治療を行っています。

CT

口腔内を立体的に確認できる機器です。レントゲンでは見えない部分まで断層画像にしてみることができるため、治療の安全性が飛躍的に高まります。


※提携病院で撮影していただきます。

ノーベルガイドシステム

歯を抜いてからインプラントを埋め込む際に、血管や骨などの位置をもとにもっとも安全な位置をシミュレーションできる装置です。

治療方法について

インプラントオーバーデンチャー

すべての歯を補いたい場合に有効な治療法です。数本のインプラントを埋め込み、インプラントと総入れ歯を連結して固定します。しっかり咬めてズレることもありません。

ソケットリフト

上顎にインプラントを入れたいものの、骨の厚さが足りない場合に行う治療法です。上顎の上にある「上顎洞」という空洞を持ち上げて骨補てん材で埋め、そこにインプラントを固定します。

GBR法

歯周病などで溶けてしまった骨の再生を促す治療法です。顎の骨の再生を促したい部分に「メンブレン」という特殊な膜を設置し、歯肉の侵入を防ぎながら骨の再生を促します。


当院へのアクセス・院内のご紹介

このページの先頭へ